プログラム説明

本プログラムは、造礁サンゴの海面養殖を体験しながらサンゴとサンゴ礁、そして私たち地域の環境を考える学習として、周辺地域(石垣島北西部)の小中学校で開催しているものです。尚、このプログラムは日本財団の助成支援事業として実施しています。

【プログラムの目的】

サンゴの養殖体験とその後のサンゴの観察を通してサンゴ礁の環境、そしてサンゴ礁に繋がっている私たちの生活などを考える。

【プログラムの過程】

ステップ1:実験や体験などを通じてサンゴ単体への興味や関心の形成。
ステップ2:サンゴの育成予測と観察など、養殖プロセスの学習。
ステップ3:育成状況の考察の中で、サンゴ礁とその周辺環境との関係性を考える。

ページのトップへ
問い合わせ窓口

本プログラム及び本WEBサイトに関する問い合わせやご意見などは以下のアドレスまでお願い致します。
尚、このプログラムの管理はサンゴ養殖研究班が行っております。
崎枝・川平小中学校等に関するお問い合わせのメールはお受け出来ませんのでご了承下さい。

contact@coralstudy.info

ページのトップへ
協力者一覧

本プログラムの企画・計画・運営に協力して頂いた方々は下記の通りです。 様々な協力を頂き本当に有難う御座いました。

  • 学習プログラム・アドバイザー: 平井 和也
  • WEBプログラム開発: 八重山ITコーポレーション 伊良皆 一徳
  • WEB・印刷物デザイン: フムフムオフィス 小林 崇亮
  • プログラムロゴデザイン: 橋川瑞江
  • 海洋学習・モニタリングサポート: 底地サンゴ育成協力会
  • 海域使用協力: 八重山漁業協同組合
  • 特別講師: 西海区水産研究所石垣支所 鈴木豪
  • 特別講師: 沖縄県八重山農林水産振興センター(日本サンゴ礁学会サンゴ礁保全委員長) 鹿熊信一郎
ページのトップへ